二槽式洗濯機とドラム式洗濯機を比較!

なぜ、二層式洗濯機とドラム式洗濯機を比較?

一般的に普及している洗濯機は、いわゆる「縦型洗濯機」ですが、縦型洗濯機とドラム式を比較すると、ドラム式には

  • ・洗濯から乾燥まで全自動でできる
  • ・節電効果が高い
  • ・汚れ落ちは同等

となり、塗装屋の視点から見ると、ドラム式の優位は揺るぎません。 また、昔ながらの二層式洗濯機は

  • ・汚れに対する洗浄効果の高さ
  • ・節水効果が高い

ことから、やはり塗装屋の視点からでは、二層式が優勢です。そこで、二層式洗濯機とドラム式洗濯機を、塗装屋の視点から比較対決してみました。

洗浄効果が高いのはどっち?

二層式洗濯機
二層式洗濯機は、全てにおいてマニュアル的な洗濯が可能です。
汚れ具合が一目でわかる為、時間や量・すすぎ回数などの調節が出来、またある程度の水量でしっかりと洗う事が出来るので、洗浄効果が高いとされています。
更に汚れ具合によっては洗濯槽であらかじめつけ置き洗いも出来るなど、思い通りに洗う事が可能です。
ペンキなどの落ちにくい汚れも、しっかり落とすことができるようです。
ドラム式洗濯機
ドラム式洗濯機は、使用水量や洗剤量が少ない為、縦型の洗濯機と比較すると多少洗浄力が劣ると言われています。
とくにペンキなどの油性の汚れには、洗浄力に不安があります。

洗濯時間が短いのはどっち?

二層式洗濯機
二層式洗濯機はマニュアル操作が多い為非常に手間はかかりますが、洗いやすすぎ、脱水等の時間を調節する事が出来、比較的短時間で洗濯をする事が可能です。また複数回洗う場合でも洗いとすすぎ・脱水との作業を分けて行える為、同時進行ができて効率的です。
基本的に乾燥機能はないので脱水まで仕上がると終了です。
そのまますぐに干してしまえば、短時間で終了する事も出来るでしょう。
ドラム式洗濯機
ドラム式洗濯機は、たたき洗いで生地を傷めず洗い上げますが、縦型の強い水流で洗うタイプと比較すると洗浄力は少し弱めです。
この為、洗いの時間が長くなり、洗濯終了までの時間も長めとなります。
乾燥の機能はヒートポンプ式なので比較的早く乾くと言えますが、全ての時間は全自動の為調節はきかず、終了まではある程度の時間を要する事となります。

壊れにくいのはどっち?

二層式洗濯機
二層式洗濯機は、機能的にとても簡単な作りとなっています。
ほとんどの製品に複雑な操作はあまりなく、基本的には「洗濯タイマー」「水流・排水切り替え」「脱水タイマー」といった簡単なツマミがあるのみなのが一般的です。
このように複雑な機能を持たない事で、全自動洗濯機と比較すると格段に長持ちする、耐久年数の長さが魅力ともなります。
ドラム式洗濯機
ドラム式洗濯機はすべてを全自動で行えるなど、機能的に非常に便利に作られています。
また節水・節電効果があり乾燥機能も充実しているなど、忙しい現代人にとっては便利な機能が沢山盛り込まれた製品です。
その為内部の構造も複雑で、エラーや故障も起きやすいと言われています。

忙しい時にも手軽に利用出来るのはどっち?

二層式洗濯機
二層式洗濯機は最初に洗濯槽の側に洗濯物・水・洗剤を入れます。
細かい洗い時間等をタイマーでセットし洗い終わるのを待ちます。
その後いったん水を捨てて次のすすぎに入ります。
注水すすぎまたは溜めすすぎで、すすぎの回数など汚れ具合を見ながらお好みで行い、最後に右側の脱水槽に洗濯物を移し、脱水時間等をタイマーでセットし止まったら終了、というのが一般的です。
全自動と違い、途中の作業をすべて自分で行わなければいけない為、非常に手間がかかるとは言えます。
また二層式洗濯機は縦型の為、脱水後の洗濯物は非常に絡まりやすく取り出しもスムーズにはいきません。
シワを伸ばし外に干す時間も考慮すると、忙しい方には不便と言えるでしょう。
ドラム式洗濯機
ドラム式洗濯機は、洗濯から乾燥までを全自動で行います。
最初に洗濯物と洗剤をセットしてスタートさせれば、乾燥まで手間は何もかかりません。
ドラム式洗濯機の洗い方は、洗濯槽が回転して衣類を上から下へ落とすたたき洗いの為、生地を傷めず絡みにくいと言うメリットがあります。
乾燥まで行うと生地がふんわりとしている為、洗濯機からの取り出しがとてもスムーズに出来ます。
このように乾燥までをお任せで仕上げる事が出来る為、非常に手軽と言えるでしょう。

節水効果が高いのはどっち?

二層式洗濯機
二層式洗濯機は「すすぎ」の仕方によってかなりの節水効果があると言われています。
その方法とは「注水すすぎ」「溜めすすぎ」の上手な使い方です。
「注水すすぎ」とは文字通り常に注水しながらのすすぎの為本来は節水にはなりませんが、二層式洗濯機の場合は時間や量などすべてマニュアルでの調整が出来る為、全自動で行う製品と比較するとかなり節水する事が可能です。
更に「溜めすすぎ」では、洗濯槽に水を溜めた状態で一定時間すすぎを行うやり方で、終わった後は脱水槽で脱水します。
通常はこれを二回ほど繰り返せば注水すすぎと同様の効果が得られるようです。
時間や量などマニュアル調整が出来る事、また2回目のすすぎで溜めた水は、次の洗濯の洗いで利用出来る事から、かなりの節水効果があると言われています。
ドラム式洗濯機
ドラム式洗濯機は、ドラム槽ごと回転し洗濯物を上から下へ落として洗う「たたき洗い」の為、すべての洗濯物が水に浸る必要がありません。これにより使用する水の量が非常に少なくて済む為、節水効果が高いとされています。

どちらが安く購入できる?

二層式洗濯機
二層式洗濯機は全体としてとても低価格で購入する事が出来ます。
メーカーや機種によりばらつきはありますが、現在販売されている物で見比べるとおよそ数万円台が最も多いと言えます。
高額なもので7万円を超える商品もありますが、通常の二層式洗濯機の場合、価格の高めの商品でおよそ3万円~4万円前後といったところです。
最も低価格の物になると1万円を切るような商品もあり、とても購入しやすいと言えるでしょう。
ドラム式洗濯機
ドラム式洗濯機は、最も安い商品で10万円前後の物がありますが、一般的に見るとおよそ15万円前後の商品が比較的多いと言えます。
メーカーや機種によりだいぶばらつきがあり、最も高価な商品になると30万円近いような高額な物も出ているようです。

設置スペース、搬入しやすいのはどっち?

二層式洗濯機
二層式洗濯機は基本的に「洗濯槽」「脱水槽」の二層式となっている為、横長のスタイルです。
メーカーや機種により小型の物もありますが、実際に購入する際には自宅の搬入スペース等しっかり確認しておく必要があるでしょう。
ドラム式洗濯機
ドラム式洗濯機は通常の縦型の全自動洗濯機と比べると、全体的に大きな作りとなっています。
また右開きタイプ・左開きタイプとある為、自宅の搬入スペースに設置が可能かどうかきちんと確認しておく必要があるでしょう。
また実際に設置する場所までの搬入経路においてもきちんと確認しておかないと、当日搬入出来ないと言ったトラブルになる可能性もある為注意が必要です。

歴史はどうなの?

二層式洗濯機
二層式洗濯機は、洗濯機の歴史から見ると非常に古くからある製品です。
1957年にイギリスのフーバー社によって開発されたのが始まりで、日本では1960年に三洋電機によって初めて発売されたと言われています。
その後1970年代~1980年代にかけて最も多く利用されましたが、全自動洗濯機の普及とともに下降した製品です。
現代でもまだ一部の方に根強い人気ではありますが、基本的には生産台数・販売台数ともにそれほど多くはありません。
ドラム式洗濯機
ドラム式洗濯機の開発は意外にも古く、1950年に日本で製造されていました。
しかしこの時は現在の製品とは内容が少し異なる物で、家庭用としては主流とならなかったとされています。
また1956年には東芝で日本初の「傾斜ドラム式全自動洗濯機」が開発されていましたが、残念ながら発売には至らなかったようです。
その後、様々な改良を加えながらポンプアップと電子制御を併用・ヒートポンプ式乾燥機能等を追加することで、2000年から日本でも普及し始めた製品です。

いかがでしょうか?

洗濯自体の性能は二層式の方が上で、汚れがよく落ちるというのは定説のようです。
設置スペースなどが十分に用意できるのであれば、旦那様の作業着をしっかりと洗濯する為に二層式洗濯機を使い、お子様用など普段着にドラム式を使うといった、二台の長所を活かした使い方もあるでしょう。

皆様の塗装屋としてのライフスタイルに合わせて、選んでみてください!