妊活ってなに?

妊活ってなに?

「妊活っていったいなにをするの?」「避妊をやめればいいだけ?」という不安や疑問があると思います。
ここでは大まかな流れと基本的な内容についてご紹介します。

夫婦の考え・体のことを知る

まずは定期的な婦人科検診の受診と、毎日決まった時間に基礎体温を計ることから始めましょう。
基礎体温は、生理周期・正常に排卵が行われているか・排卵後のホルモンが足りているかなど、妊娠に重要な要素の理解のためには、必要な情報です。
最近はスマートフォンのアプリやデジタル体温計に測定値を記録できる便利な機能もありますので、活用しましょう。 体の状態を把握することだけではなく、妊娠について夫婦で話し合う時間も重要です。夫婦で妊活についての方針をしっかり話し合っておきましょう。
原因を調べ自然な妊娠に向けて治療を開始するのか、それとも自費診療での治療まで視野に入れるのか、妊娠して子どもを授かるということについて夫婦の思いを、お互いに確認しておくことが大切です。

初診・基本検査

初診時には、いつ頃から妊娠を希望して過ごしているのか、避妊期間があればその期間、避妊せずに子どもが欲しいと思ってからどれくらい経つか、性交渉の回数などが問診されます。 その後、婦人科の診察、既往症の有無、子宮や卵巣に病気はないか、あわせてホルモン検査などがおこなわれます。
通常すべての検査が終わるまで2回〜3回の通院が必要になります。 基礎体温表があればそれをもとに次回の検査日を決めることができるので、持参するのを忘れずないでください。
通院して1~2周期目は、検査と平行しながら妊娠しやすい時期をドクターから教わります。
この通院初期段階で、夫婦ともに詳細を検査する場合もあれば、女性側の一部を調べてタイミング法を始め、治療のステップアップに合わせて検査内容を深めていく方法もあります。
ドクターと今後の方針を決めていきましょう。

タイミング法

基礎体温から排卵日を正確に把握し、性交渉することで妊娠の確率を高める。
基礎体温表から排卵のパターンを確認して、排卵日が近づいたときに受診します。
超音波で卵巣の状態を調べ、卵胞という卵子を包んでいる袋の直径を計ることや子宮内膜の厚さや子宮の入り口の粘膜を見て、性交渉のタイミングを見極めていきます。
月に一度の受診が目安ですが、1回の診察で排卵日が予測できなかった場合や数日先に排卵日が予想される場合には、再度受診する必要があります。
また、ホルモンバランスの乱れや排卵のリズムが不規則な場合には排卵誘発剤など薬の服用を並行することもあります。
検査で大きな異常が見つからなかった場合に、卵子の発育を見ながら、排卵する時期に合わせて性交渉をすることで自然妊娠へと導きます。

人工授精(AIH)

より確実に卵子と精子の出会いを手助けし、体への負担も軽く自然妊娠に近いかたちです。

通常は膣の中で射精された精子が子宮の入り口の頸管を通って卵管までたどり着きますが、その距離を大幅に縮めることで精子と卵子が出会える確率を高める方法です。
男性がマスターベーションで採取した精子の中から動きの良い物だけを取り出し、排卵日の頃にカテーテルで子宮に注入します。精液を原液のまま注入する方法もありますが、最近は雑菌などを取り除くために洗浄し、濃縮してから注入するのが一般的です。排卵に問題がある場合は排卵誘発剤を併せて使用します。
この治療はタイミング法で妊娠に至らなかった方、精子の数や運動率が少し劣る方、性交渉後に子宮の入り口の粘膜を顕微鏡で観察するフーナーテストで精子の動きが悪くなってしまい妊娠しにくい頸管因子のあるご夫婦に有効です。
毎月行っても問題はなく、麻酔の必要もないので女性の身体への負担が少ないといわれています。

体外受精

妊娠率がぐっと高まる高度不妊治療の一つ。
体外受精がこれまでの治療と大きく違うのは、特別な場合を除いて排卵誘発剤を必ず使用することです。
卵巣では1回の周期に原則1個の卵子が育ちますが、卵巣を刺激することで1回に複数の卵子を排卵させ採卵します。
排卵誘発の方法には注射、飲み薬、点鼻薬と複数ありますが、卵巣の機能や卵巣予備能の状態によって選択できる物が変わってきます。
体への負担や得られる効果などを考慮しなくてはなりません。
また生理後から採卵日までに各検査のため最低でも4、5回は通院することになるので、スケジュール調整は綿密に。
採卵は超音波を見ながら膣から細い針を入れていくため体への負担も大きく不安もあると思いますが、受精卵になっていること、細胞分裂したのを見届けてから子宮に戻すので、ほかの治療法に比べて周期あたりの妊娠率は高いといわれています。
自治体によっては助成金制度が受けれることもありますので、上手に活用してください。