一人親方の労災保険とは

一人親方労災保険特別加入制度について

労災保険とは労働者が仕事中のケガや通勤途上で事故に遭ってしまった場合の負傷・疾病・障害・死亡等に対して保険給付を行う国の保険制度ですが、この制度は基本的に労働者を対象としているため、一人親方や企業の役員等の労働者でない者は対象外とされています。
しかし、対象外とされた方々の中にも、労働災害に遭う危険性は通常の労働者と変わらず、労働者に準じて保護することが適当といえる方々もいます。
そこで、これらの方々も労災補償を受けることができるように、特別に労災保険に任意加入が認められているのが一人親方労災保険の特別加入制度です。

一人親方労災保険に特別加入をするためには、一人親方の団体を通じて申し込みをする必要があります。
一人親方労災保険組合では、いくつかの種類の事業うち、建設業関連を営む方々のための労働災害補償制度を提供しています。なお、 企業の役員は従業員を雇用していない場合は一人親方として労災加入できます。
ただし、従業員を雇用している場合は中小企業事業主としての特別加入に該当する場合があります。
こちらに関しては別途ご相談ください。

一人親方について

一人親方労災保険組合よりご加入いただける対象の一人親方は、建設業などで労働者を使用しないで事業を行うことを常態とする自営業者及びその事業に従事する家族従事者や企業の役員等をいいます。
一人親方や企業の役員等の労働者は労働者を保護する労災保険の対象外となるため、建設現場での労働災害についての補償がありません。
そのため特別加入していない場合、建設現場へ入れないことがあります。
また、仕事中にケガに遭ったら「元請けの保険を使う」と思われる方もいるかもしれませんが、元請けの保険も使えないのです。

一人親方労災保険に加入するメリット

一人親方労災保険に特別加入をすると、給付基礎日額に応じた額の補償を受けることができます。
なお、通勤途上での事故(通勤災害)においても一般の労働者の場合と同様に取り扱われます。
その他にも以下のようなメリットがあります。

  • ・仕事中にケガをしても、自己負担なく無料で治療が受けられる。
  • ・治療のために休業した場合、給付基礎日額に応じた額の休業補償の給付がある。
  • ・障害が残った場合、障害の程度と給付基礎日額に応じた額の障害補償がある。
  • ・仕事中の事故で死亡した場合、一定の遺族に遺族の人数と給付基礎日額に応じた額の遺族補償がある。
  • ・元請会社又は所属会社にとっても、労災保険の特別加入をすることで仕事を委託する上で安心感がある。

加入できる方

建設業における一人親方とは、個人事業主又は法人の代表者で一人で事業に従事する方、もしくは年間延べ100日未満しか労働者を使用しない方を言います。
労働者を使用する場合であっても、年間の使用日数が100日を未満ならば一人親方に該当します。具体的には以下のいずれかに当てはまる場合は、一人親方に該当すると考えられます。

  • ・会社に雇用されずに、個人で仕事を請け負っている。
  • ・特定の会社に所属しているが、その会社と請負で仕事を行っている。
  • ・グループで仕事をしているが、お互いに雇用関係はない。
  • ・見習いをしているが、見習い先とは雇用関係にない。

なお、個人・法人は問いません。

対象職種

土木・建築その他の工作物の建設・改造・保存・修理・変更・破壊もしくは、解体又はその準備の作業(設計・監理業は除く)に従事している者及びその家族従業者が対象です。
特別加入時に健康診断が必要な場合がありますので、まずはお問い合わせをすることをお勧めします。