塗装屋の保険事情

建設国保への加入が最優先

塗装をなりわいとする個人事業主・自営業の方ならば、まずは建設国保への加入が最優先です。
建設国保は、建設工事業に従事する方たち健康と生活を守るために設立された、国保制度のもとにある国保組合です。
万が一病気やケガになったときのために、日頃からみんなで出し合った保険料と国からの補助金で、お互いに助け合い、みなさんの健康生活を守るために運営されています。
お住いの地区により、補償に多少の差異はありますが、一般の国保制度に比べて手厚い補償が受けることができる場合が多くあります。
まずは建設国保の支部一覧のページから、お住いの支部へと問い合わせをしてみることを、強くお勧めします。

建設国保の加入条件

建設国保へは、建設工事業に携わっている方で、原則として、個人事業所又は一人親方の方が加入できます。

  1. 一人親方(法人格をとっていない方)
  2. 個人事業所の事業主(従業員数にかかわらず)
  3. 従業員が常時5人未満の個人事業所に使用されている方
  4. 一人親方または個人事業所事業主の同一世帯者

以上4点のいずれかを満たす方が対象となりますが、詳しくは、各都道府県の支部へご相談ください。

この他の民間の保険については、別のページにてご案内いたします。