大切な体を守るために!熱中症に要注意

熱中症の具体的な症状

熱中症の症状には、初期段階で回復が容易なものから、即時に医師による治療が必要となる深刻なものまで、一定の段階があります。 予防や対策のためには、それぞれの症状を具体的に知っておく必要があります。

めまいや失神があらわれた場合
ひどいめまいがする場合は、「熱失神」を引き起こす可能性が高くなります。
熱失神になると、その名称通り、一時的な失神をしてしまうこともあります。
表面体温の上昇により、皮膚の血管が拡張して血管の流れる量が減少し、脳の血流が減少することで起こり、脈は速く、弱くなります。
熱中症としては初期症状であるため、慌てずに涼しい場所に移動し、水分を十分に補給してください。
筋肉のけいれんがあらわれた場合
体感温度が高いなかでの作業中や作業後に、ふくらはぎ、太もも、足、手、腕、腹部などの筋肉にけいれんが起きることもあります。
これは「熱けいれん」と呼ばれる症状で、初期段階では筋肉痛・手足がつるといったあらわれ方もします。
汗をかくことで水分と塩分が失われ、さらに大量に水分をとるなどにより血液中の塩分が薄まったことが原因で起こります。
軽度の熱けいれんは、塩分を適量摂取することで対処してください。
大量の汗・顔面蒼白があらわれた場合
周囲の温度変化がそれほどないのに、大量の汗が出るようになり、それなのに顔が青白くなった場合には「熱疲労」の可能性が高くなります。
これには、めまい、ふらつき、疲労感、吐き気、頭痛などを伴うこともあります。
体内の水分と塩分が失われて血液量が減る、いわゆる脱水症状が原因です。
症状が進んでおり、熱射病の前段階ともいわれる状態なので、早急な水分と塩分の補給処置が必要となります。
高熱と意識障害があらわれた場合
意識障害が起きていたら「熱射病」となっている危険性が高くなります。
体温は明らかに高く、皮膚が赤くなっているのに汗は出ない状態となる場合が多くなります。
自力での体温調節ができなくなっているため、錯乱や昏睡、全身けいれんが起きることとなり、非常に危険です。
すぐに救急車を呼び、できるだけ早く医師の処置・治療を受けてください。

熱中症になりやすい環境・条件について

とくに建設現場などで、熱中症になりやすい環境と条件を知っておきましょう。

高温な現場
高温・多湿で無風な現場は、最も危険な状況です。
これは直射日光によるものだけでなく、たとえば発熱するものがあり赤外線による輻射熱が発生するような場所なども要注意です。
熱中症は夏場にはよく注意を呼びかけられますが、夏場以外でも、このような環境での作業を行う場合には、注意しましょう。
休憩所として涼める場所を確保し、水分と塩分・そしてしっかりとした休息をとりましょう。
通気性の悪い服の着用
通気性の悪い衣類や保護具を着込んだ状態で、長時間作業をおこなうことも熱中症の原因となります。
汗をかくことによる体温調節がうまくできない状態のため、深部体温が上昇し続けます。
夏場はもちろん、夏場以外でも、この原因により熱中症となる可能性があります。
予防のために通気性・透湿性に優れた服を着用しましょう。
持病や薬の服用
糖尿病が持病である場合は状態によっては脱水症状をひきおこしやすくなります。
高血圧症・心疾患がある人も、持病の改善のために水分と塩分を尿中に出す作用のある薬を服用していると、排出量が多いため、脱水症状にはなりやすくなります。
腎不全で塩分制限をされている人も、塩分不足には注意が必要です。
風邪による発熱や下痢・極端な寝不足・二日酔いの場合も、熱中症を引き起こしやすい場所での現場作業は危険だということを、知っておかなければいけません。

作業現場でできる熱中症対策とは

熱中症対策の基本は水分補給です。
効率の良い水分補給は、計画的でこまめな水分補給です。
一気に飲むのは効果的とは言えません。
同時に適量の塩分も摂るようにします。

大量に汗をかく現場では、経口補水液を摂取するのが推奨されます。
ただし、経口補水液はいわば飲む点滴なので、1時間で500mlなど少量ずつゆっくり飲みます。経口補水液は、健康な人には美味しく感じられません。もし美味しく感じられた場合には、脱水症の可能性がありますので、十分な注意が必要となります。
風通しのいい日陰などで、定期的に休憩を取ることも必要です。
また、通気性・透湿性の高い衣服を選びましょう。
ヘルメットにも、通気性がよく、首元に断熱冷却用のシートが取り付けられる熱中症対策仕様のものがあります。

熱中症対策に!塩飴「ソルティス」とは?

塩飴ソルティス

小さな頃から練習の際には水分補給に塩を補給したり、スポーツドリンクを飲んで熱中症から体を守る手段をいつの間にか実践して来ました。
近年、地球温暖化の影響もあってかニュースなどで、様々なところで熱中症になり救急車で搬送されるといった話をよく耳にします。
そこで私達スポーツ界の仲間が、その絆を広げ対応策として、いつでも気軽に携帯できる“塩あめ【ソルティス】”の販売を行っていく事で、熱中症の予防、対策の啓発活動をしてまいります。
それに伴い、熊本・大分地震、東日本大震災で被災され未だ不自由な生活を強いられている方々への継続的な支援も行っていこうと考えています。
スポーツを愛する多くの方々のご理解とご協力をお待ちしております。

一般社団法人 日本スポーツ団体
熱中症対策推進会【略称:(社)JHM)】


巻 誠一郎
国際Aマッチ 38試合 8得点
2001年夏季ユニバーシアード日本代表
2005年東アジアサッカー選手権日本代表
2006年ドイツW杯日本代表
2007年アジアカップ日本代表

塩飴「ソルティス」は、ご贈答品としてもご利用いただけます!
お歳暮やお中元などの贈り物にも対応していただくことができますので、建築関連業の方への、また建築関連業の方からのご贈答品として、お勧めです!

熱中症の応急措置を知っておこう

熱中症の症状が現れたら日陰の風通しの良い涼しい場所に移り、水やスポーツドリンクを飲みます。
衣服をゆるめて横になり、足を高くする姿勢を取ってください。
熱射病が疑われるときは救急車を呼びますが、到着までは寝かせたうえで、水や濡れタオルで首すじや脇の下・大腿部の付け根など、大きい血管が通っている場所を重点的に冷やすことが有効です。